東京都内で甲状腺専門の病院・クリニックをお探しなら新御茶ノ水駅徒歩1分、御茶ノ水駅徒歩3分のお茶の水甲状腺クリニック|東京都 千代田区 神田

新御茶ノ水駅徒歩1分、御茶ノ水駅徒歩3分の内科・外科・内分泌内科・内分泌外科 お茶の水甲状腺クリニック

新御茶ノ水駅徒歩1分、御茶ノ水駅徒歩3分の内科・外科・内分泌内科・内分泌外科 お茶の水甲状腺クリニックの診療時間は(月・火・水・木・土)9:00~12:30 14:00~18:00休診:金曜、日・祝

新御茶ノ水駅徒歩1分、御茶ノ水駅徒歩3分の内科・外科・内分泌内科・内分泌外科 お茶の水甲状腺クリニックの電話番号03-3295-3160

ご希望の日時でのWeb予約取得が難しい場合には、
お電話にてお問い合わせください。

新御茶ノ水駅徒歩1分、御茶ノ水駅徒歩3分の内科・外科・内分泌内科・内分泌外科 お茶の水甲状腺クリニックはインターネットから予約が可能です

術後副甲状腺機能低下症

甲状腺全摘術の際に、副甲状腺機能を温存するために様々な努力を行いますが、10-20%程度の患者さんに、副甲状腺機能低下症となる可能性があります。

治療について

活性型ビタミンDの内服を要します。手術直後を除けば、カルシウム製剤の併用は不要となることがほとんどです。

一般に、甲状腺片葉切除では起こりません。

ビタミンDは後発品がおすすめ

甲状腺全摘後の副甲状腺機能低下症や、特発性副甲状腺機能低下症などで、ビタミンDの服用を要します。

ビタミンDは、先発品と後発品(ジェネリック)の価格差が非常に大きいので、後発品をお勧めします。生涯服用を要することが多いので、安価であるメリットは大きいです。

  • 先発品:ワンアルファ(1μg) 34.5円/錠、アルファロール(1μg) 31.6円/錠
  • 後発品:アルファカルシドール(1μg) 6.9円/錠

ワンアルファで1日2μg服用すると、年間25,185円(3割負担7,555円)かかりますが、後発品であれば、年間5,037円(3割負担1,511円)で済みます。後発品でも効果は変わりません。

このページの先頭へ戻る