東京都内で甲状腺専門の病院・クリニックをお探しなら新御茶ノ水駅徒歩2分、御茶ノ水駅徒歩2分のお茶の水甲状腺クリニック|東京都 千代田区 神田

新御茶ノ水駅徒歩2分、御茶ノ水駅徒歩2分の内科・外科・内分泌内科・内分泌外科 お茶の水甲状腺クリニック

新御茶ノ水駅徒歩2分、御茶ノ水駅徒歩2分の内科・外科・内分泌内科・内分泌外科 お茶の水甲状腺クリニックの診療時間は(月・火・水・木・土)9:00~12:30 14:00~18:00休診:金曜、日・祝

新御茶ノ水駅徒歩2分、御茶ノ水駅徒歩2分の内科・外科・内分泌内科・内分泌外科 お茶の水甲状腺クリニックの電話番号03-3295-3160

ご希望の日時でのWeb予約取得が難しい場合には、
お電話にてお問い合わせください。

新御茶ノ水駅徒歩2分、御茶ノ水駅徒歩2分の内科・外科・内分泌内科・内分泌外科 お茶の水甲状腺クリニックはインターネットから予約が可能です

甲状腺機能低下症(ホルモン不足)となる病気

ヨウ素の過剰摂取

日本は、主に海藻摂取によるヨウ素過剰摂取地域とされます。

ヨウ素は甲状腺ホルモンの原料ですが、過剰に摂取すると、甲状腺機能は低下します。過剰摂取をやめると、改善します。

表に示しますが、海藻の中でも、昆布が圧倒的にヨウ素含有量は高く、海苔やわかめはそれほどではありません。

検査や治療のためのヨウ素制限は、厳密に行う必要がありますが、日常的なヨウ素摂取に対する注意としては、固形昆布とイソジンうがい薬の回避程度が、長期継続できるラインではないかと思います。

チラーヂンSの補充を行っている方は、基本的にはヨウ素制限は不要です。

造影CT検査や子宮卵管造影検査には、ヨウ素含有の造影剤が用いられますので、検査後に一過性に甲状腺機能が低下することがあります。

ヨウ素含有量

摂取量 ヨウ素含有量
昆布(乾燥5cm角 5g) 8-9mg
昆布佃煮(5-10g) 10-20mg
とろろ昆布(5g) 9mg
昆布だし汁(昆布0.5-1g) 1.5-2mg
ヨード卵(1個) 0.4-0.7mg
ひじき(乾燥5-7g) 1.5-2mg
わかめ(乾燥5g) 0.05-0.15mg
海苔1枚(2g) 0.12mg
寒天(10g) 0.18mg
イソジンうがい(2ml) 14mg

*日本人成人の1日の摂取推奨量は150μg、上限で3mg
*薬剤師のための甲状腺疾患服薬指導マニュアルから引用改変

ヨウ素系うがい薬(イソジンうがい薬)について

ヨウ素には殺菌作用、殺ウイルス作用があるので、消毒剤として広く使われています。

ヨウ素系のうがい薬には7%の「ポビドンヨード」が含まれており、15—30 倍に希釈して使用しますが、1回のうがい液には14-28mgのヨウ素が含まれます。

このうち口腔、咽頭粘膜から体内へ吸収されるヨウ素の量は不明ですが、日常、食品から摂取する量よりもかなり多いヨウ素が吸収される可能性があります。

ヨウ素は生命維持に必須の甲状腺ホルモンの原材料ですが、必要量以上に摂取することにより、甲状腺機能に異常が起こることがあります。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準 2020」では、1日に摂取して良いヨウ素の上限量を3mgとしています。

一時的にこの量を超えて摂取することがあっても構いませんが、長期間にこの量を超えて摂取することは甲状腺機能にとって好ましくありません。

多くても1週間に20mgまでと考えられています。

甲状腺機能異常をおこさないヨウ素系うがい薬の安全な使用頻度と使用期間については明らかではありません。

感染予防を目的とした長期の連用は推奨いたしません。

このページの先頭へ戻る